Steam版「Saints Row: The Third Remastered」が配信開始。公式で日本語字幕対応・無規制だが・・・

Grand Theft AutoライクなオープンワールドクライムアクションゲームSaints Row: The Third」を、現行世代のマシンスペック向けにモデル・ライティング等グラフィックを強化し別売りだったDLCも収録したリマスター「Saints Row: The Third Remastered」がSteamで配信が開始された。価格は定価6,199円、配信から一週間にあたる5月29日までの期間中は40%オフの3,719円となっている。またオリジナル版SR3やDLC所有者向けに割引が加算されるバンドル品も発売されているので注意しておこう。

f:id:BCC:20210522231511j:plain

PC版は去年から時限独占タイトルとしてEpic Games ストアで発売されていたものの、使い勝手の悪いEGSでは購入したくないという人も多かったと思うので今回Steamからも配信がなされたことで購入しやすくなったことだろう。

オリジナルSteam版はストアから直接購入すると日本語が収録されておらず既に発売が終了した日本語パッケージ版でないと公式には日本語字幕に対応しなかった、字幕対応の日本PS3Xbox360版ではセクシャルな表現がカット、更には昨年DMMより発売されたリマスターPS4版では死体が即消えたりヒューマンシールド中に羽交い締めしている敵の首を折ることができなくなっていたりと規制が酷くなっていたが、リマスターPC版では公式で日本語字幕に対応しつつこれらの規制はされておらず、死体は消えず首折りはオリジナルの通り右スティック押し込みで行える、また武器としてディルドーバットが登場したり、衣服を下着含めて全部脱ぎストリーキングが行える。

f:id:BCC:20210522231433j:plain

f:id:BCC:20210522231443j:plain

f:id:BCC:20210522234321j:plain

 

・・・が、このPC版にはかなり深刻な不具合を抱えている。

それは字幕の一部漢字が全く別の別の漢字に割り当てられているようなのだ。例として問題のある字幕が出てくる一部シーンのスクリーンショットを下部に掲載するが、場面によっては全くどんな会話をしているのか推測もできないような文章が流れてくる。

台詞の字幕のみ異常でメニュー画面やUIは全く問題ないことから字幕のフォント定義がおかしくなっているのだろうが、日本語が分からないスタッフがフォントデータを組み込んでテストプレイも文章は読まず強制終了せず動いたからヨシ!とやったとしか思えん。

f:id:BCC:20210522230843j:plain

f:id:BCC:20210522230911j:plain

f:id:BCC:20210522230925j:plain

 

またローカライズという特定の問題以外にも、設定やPC環境によらずカットシーンで22fps・通常のプレイ時では66fpsまでしかフレームレートが出ないという不具合が多数報告されている。

日本語字幕にしろフレームレートにしろ、一年前に発売されたEGS版で不具合報告があって話題に上がって修正されていてもよさそうなものだが、EGSにレビュー・コミュニティ機能がないせいで不具合報告が簡単に上げられなかったか、そもそもEGS版を購入する人がほぼいなかったとしか思えん。こういうところにもEGS時限独占の弊害が出ている。