Steam版「バイオハザード RE:3」がアンロック、海外版キーも日本から登録可能。日本語対応・欠損表現あり

初代PlayStationで1999年に発売されたサバイバルホラーバイオハザード3 LAST ESCAPE」のリメイク「バイオハザード RE:3」のSteam版が、4月3日午前9時より配信が開始された。

前作(RE:2)と同じくSteam版においても通常版とCERO Z版の2バージョンを別々に販売という形式をとられており、前作ではCERO Zにおいても海外版とは違い欠損表現がなかったり裂けた肉の断面が黒っぽかったりという規制が発生していた。

そのため、今作でも同じような規制がかかることを懸念しゴア表現を気にする人は海外版のキーを外部サイトから買ってSteamに登録しようという人は自分も含めていたものの、発売一カ月前になって突如日本からのキー登録に制限がかかるという情報がSteamDBに登録される。

それに合わせてキー販売サイトでは登録できない旨を販売ページ上に掲載、希望者には返金対応の措置を取っていたのだが、なんと配信数日前になってキー登録制限が解除され再び日本からのキー登録が有効になった。

実際にGamersplanetから購入した予約版のキーを日本地域設定のSteamアカウントで登録できるか確認したが問題なく登録可能だった。

f:id:BCC:20200403121943p:plain

Steamクライアントの言語設定を日本語にしているとゲームライブラリ内のタイトル表記は「BIOHAZARD RE:3」だが、ゲーム内のタイトル表記は「RESIDENT EVIL 3」となっており海外版のまま、日本語音声・日本語字幕両方にも対応しており、ヘッドショットをしてクリティカルヒットとなった場合に頭がカチ割れたり、腕の欠損、道中に転がっている死体は内臓が露出していることが確認できた。

 

f:id:BCC:20200403122201j:plain

f:id:BCC:20200403122221j:plain

f:id:BCC:20200403122237j:plain

f:id:BCC:20200403122300j:plain

f:id:BCC:20200403112717j:plain

f:id:BCC:20200403112738j:plain

f:id:BCC:20200403112753j:plain

 

ただ、序盤までプレイした限りでは海外版でもRE:2の時に比べてゴア表現はおとなしめの印象。前作では欠損が発生した際は肉そのものの重さで重力に沿ってべちょーって広がる生々しさがあったのに、今作では一気に肉が割れたりショットガンやグレネードを使っても簡単には体がバラバラにならなくなっている。

Steam版「メモリーズオフ -Innocent Fille-」が遂にリリース。Steam版発売発表から2年・・・

PS4/PS Vitaでは2018年3月29日・Nintendo Switchでは2018年10月25日に発売された恋愛アドベンチャーゲームメモリーズオフ」シリーズの最終作「メモリーズオフ -Innocent Fille-」
ゲームの発表当初から「Steam版は2018年発売予定」という告知を掲載していたものの、その後2019年になっても一切音沙汰無く、このまま販売しないままなのかと思われていたが、2020年の今年3月になって、一連の5pb作品をSteamでの配信を行っているスパイク・チュンソフトがパブリッシャーとなり遂に発売することが予告され、今日4月2日、ようやくSteam版の発売となった。

価格は通常版が定価4,980円、4月30日配信予定のファンディスク「メモリーズオフ -Innocent Fille- for Dearest」 や54曲を収録したデジタルサントラがセットになった「DOUBLE PACK」が7,968円となっている。

また、他機種版では別売DLCだった追加シナリオ「柚莉アフター」は最初から収録済み

f:id:BCC:20200402140312p:plain

 札幌の高校に通う主人公の楠瀬 累は、交換留学制度で幼馴染のいる湘南海陵高校へとやってくる。そこで出会う人々との複雑な人間関係から生まれる恋愛模様がゲームでは描かれる。

f:id:BCC:20200402140328p:plain

f:id:BCC:20200402140344p:plain

f:id:BCC:20200402140409p:plain

なお、「作中に登場するキャラクターは18歳以上です」とストアページやゲーム起動時のメッセージに表示されるが、ゲーム中の舞台は"高校"表記、登場キャラクターの学年も1~2年生の人物が出てくる。おそらく留年したか、様々な事情で中学卒業と同時には高校へ進学できず、数年開けてから入学したのだろう。きっとそうだ。

「Life is Strange 2」日本語版が発売開始。Steam版には無料の日本語化DLCが配信

弟のダニエルが特殊な能力を身に付けたために、世間の目を避け居場所を求め父親の故郷であるメキシコまで旅に出る兄ショーンを主人公にしたアドベンチャーゲーム「Life is Strange 2」が今日からSteam / PS4 / Xbox Oneにて日本語版が発売を開始した。

日本語音声・字幕両対応となっており、日本語字幕を表示して英語音声でプレイすることも可能。

またSteam版は無料の日本語化DLCを導入することで日本語化する。この前のホリデーセールやスクウェア・エニックスパブリッシャーセールで英語版を格安で購入した人も問題なく日本語版で遊べる。

f:id:BCC:20200326220811j:plain

f:id:BCC:20200326220825j:plain

プレイヤーが選んだ選択肢や行動によって物語が大きく変わるシステムは前作「Life is Strange」と同じだが、前作の主人公マックスが超能力者の立場で時間を巻き戻すという能力を直接プレイヤーが行えたのに対して、今作の主人公は能力のない普通の人間で、パートナーでありまだ幼く力を制御しきれていない弟が超能力者の立場に置き換わっており、時を巻き戻して選択をやり直すこともできず起こした行動によっては弟にも影響を及ぼすので慎重に選択肢を選ばなくてはならない。

f:id:BCC:20200326221233j:plain

f:id:BCC:20200326221237j:plain

f:id:BCC:20200326221242j:plain

f:id:BCC:20200326221247j:plain

f:id:BCC:20200326221252j:plain

f:id:BCC:20200326221257j:plain

f:id:BCC:20200326221301j:plain

 

縦スクロールシューティングゲーム「婆裟羅」「婆裟羅2」を収録したSteam版「婆裟羅コレクション」が4月8日まで90%オフの101円でセール中。

敵などは戦国時代の武将を題材としながら重装備されたメカに登場するという独自の世界観が特徴の2000年に登場した縦スクロールシューティングゲーム「婆裟羅」、そして2001年に登場した続編「婆裟羅」の両タイトルを収録した「婆裟羅コレクション」(Steamタイトル名は英題の「VASARA Collection」)が、4月8日までの期間限定で90%オフの101円でセール中。

元がアーケードゲームで1クレジット100円としたら、両タイトルを1回ずつプレイするだけで99円のお釣り付きで元が取れてしまう。

PS4・Switch・Xbox One版も日本では発売されているがダウンロード版の定価は1,600円と、定価の段階でもSteam版の方が500円程安くなっており、セールによって販売価格差は更に広がった。

移植担当は意外なことにブラジルの会社が担当しているが、メニューや各ゲームも日本語対応。

Steam版「グランディア HD リマスター」「グランディア II HD リマスター」両タイトルに日本語対応アップデートが配信

ゲームアーツの名作JRPGグランディア」と「グランディア II」を高解像度化を施したHDリマスター版「グランディア HD リマスター」「グランディア II HD リマスター」

Steamでは既に発売されていたものの日本国産のゲームにも関わらず日本語字幕に対応していない(音声のみ日本語に切り替え可能)という状況が続いていたが、今日から日本Nintendo Switchでも配信が開始されたのに合わせて、Steam版の両タイトルに日本語字幕表示設定を追加するアップデートの配信が開始された。

設定方法はグランディアの方はゲームを立ち上げた際に出てくる設定ランチャーで「Language(言語)」の項目を「Japanese(日本語)」に切り替え、グランディア IIはSteamクライアントからゲームを起動して「Grandia II Configuration」を選んでOKボタンをクリック、同じく設定ランチャーで「Language(言語)」の項目を「Japanese(日本語)」に切り替えで日本語字幕表記となる。

日本語音声にする場合はランチャーで「設定」を開き「オーディオ」タブで「音声の言語」を「日本語」に切り替えるか、ゲーム内オプションから変更が可能。

f:id:BCC:20200325021032p:plain

f:id:BCC:20200325021047p:plain

f:id:BCC:20200325021634p:plain



 

グランディア HD リマスター 日本語字幕設定 スクリーンショット

f:id:BCC:20200325021520j:plain

f:id:BCC:20200325021540j:plain

f:id:BCC:20200325021559j:plain

f:id:BCC:20200325021616j:plain

 

グランディア II HD リマスター 日本語字幕設定 スクリーンショット

f:id:BCC:20200325021700j:plain

f:id:BCC:20200325021717j:plain

f:id:BCC:20200325021729j:plain

f:id:BCC:20200325021741j:plain

 

 おまけ

グランディア HD リマスター イントロムービー

Steam版「グランブルーファンタジー ヴァーサス」高画質化(スーパーサンプリングアンチエイリアス)設定

モバイルゲーム「グランブルーファンタジー」を題材とした格闘ゲームグランブルーファンタジー ヴァーサス(グラブルVS)」

3月14日よりSteamでも配信が開始され、PS4版よりも高解像度表示が可能なもののそれでもまだゲーム内のグラフィック設定を最高まで上げてもジャギーが見えており、完ぺきとは言えない画質。

同じUnreal Engine 4採用・同じアーク開発のSteam版「ドラゴンボール ファイターズ」(おま国)が内部レンダリング解像度を表示解像度よりも高く設定することが可能だったのに、グラブルVSはレンダリング解像度と表示解像度が同一(スケーリング解像度設定が上限100%)までという仕様になっているのは不可解だが、設定ファイルを直接書き換えることでスケーリング解像度を100%以上にすることが可能である。

設定方法はシステムドライブ(例:Cドライブ)内のフォルダ

\Users\(Windowsのユーザー名)\AppData\Local\GBVS\Saved\Config\WindowsNoEditor

(AppDataフォルダは隠しファイルになっているのでWindowsの設定を変更して表示できるようにすること)

を開いてファイル「Engine.ini」をテキストエディタで開き、

[ConsoleVariables]
r.ScreenPercentage=200

 

 という記述を追記して保存すれば完了。

f:id:BCC:20200323213003p:plain

f:id:BCC:20200323213021p:plain

スケーリング解像度設定「r.ScreenPercentage」はレンダリング解像度を表示解像度の縦横何パーセントにするかという設定なので、200ならば解像度1080p(1920*1080)時に4K(3840*2160)相当の解像度で出力され、スーパーサンプリングアンチエイリアスがかかったような状態になり、特にキャラクターの輪郭線に目立つ細かいジャギーが軽減されるはず。

 

比較画像

 

オリジナル(スケーリング解像度100%)

設定ファイル書き換え(スケーリング解像度200%)

 

オリジナル(スケーリング解像度100%)

設定ファイル書き換え(スケーリング解像度200%)

 

オリジナル(スケーリング解像度100%)

設定ファイル書き換え(スケーリング解像度200%)

 

オリジナル(スケーリング解像度100%)

設定ファイル書き換え(スケーリング解像度200%)

 

自分のPC(GeForce GTX 1070搭載)でテストした限り、1080p・最高設定・r.ScreenPercentage=200に設定しても常時60fpsを維持しており、ランクマッチ戦も行ったが問題なくマッチングも行われ試合中もラグは発生しなかった。

 アップデートでゲーム内のグラフィック設定から変更可能になる正式対応を望みたい。

Steamにて2013年発売リブート版「トゥームレイダー」とシリーズスピンオフ「ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス」の二作品が3日間限定で無料配布中

世界中に猛威をふるうコロナウイルスで在宅を余儀なくされている人も多いということで、キャンペーンとして2013年に発売されたリブート版「トゥームレイダー」と、斜め見下ろし視点のトゥームレイダーシリーズスピンオフ作品「ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス」の2作品がSteamにおいて3月24日までの3日間限定で無料配布中。一度アカウントに登録すれば半永久的に遊ぶことが出来る。

入手方法はSteamにログインして「トゥームレイダー」Steamストアページ「ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス」Steamストアページに飛び、それぞれのページにある「〇〇をもらう」の項目内の「アカウントに追加」ボタンを押すことでログインしているSteamアカウントにゲームが追加される。

f:id:BCC:20200321025105p:plain

f:id:BCC:20200321025131p:plain

 

2013年版トゥームレイダーは別売りの日本語化DLCを購入しないと日本語にならないという忌まわしき仕様となっているが、ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリスの方はストアページで日本語非対応表記になっているもののオプションから日本語音声・字幕設定に切り替え可能

ちなみに、そのトゥームレイダー用日本語化DLCは定価998円のところ50%オフの499円でセール中だ。

 

トゥームレイダー」は今までのトゥームレイダーシリーズから設定を一新し、若き女冒険家ララ・クラフトの冒険家としての最初の成長を描いた新生トゥームレイダートリロジーシリーズ1作目。

ララ達探索チームは伝説の邪馬台国を探すため、日本の本州よりも南の魔の海域「ドラゴントライアングル」へと船で向かうが、突然の嵐で船は難破、謎の島に流れ着いてしまう。島では同じように漂流し流れ着いた者たちが武装して待ち構えていたり、古くからある遺跡を鎧武者が守護しており、彼らを倒しながらこの島の秘密を探り、そして島からの脱出を図っていくというストーリー。

銃や弓を利用したサードパーソンシューティングの戦闘、物陰に隠れて後ろから羽交い絞めにしたり発射音のない弓やサイレンサー銃で敵を暗殺するステルス、ロープアクションやクライミングで断崖絶壁を上っていくアクションなどが融合したサバイバルアクションゲームとなっている。

何故邪馬台国が南の島にあるのか、鎧武者の亡霊が出てくるけど邪馬台国って戦国時代だったか、とかプレイしたらツッコミどころのオンパレード間違いなしだが、邪馬台国は島国で鎧武者が卑弥呼を守っている、これ歴史の常識、いいね?(あ、はい)


ララ・クロフト アンド テンプル オブ オシリス」はシリーズスピンオフ作品。3Dアクションだった本編とは異なり斜め見下ろし視点の4人協力プレイも可能なアクションゲームとなっている。

エジプトを舞台にララ・クラフトとライバルのカーター・ベルが、オシリスの杖に仕掛けられた死の呪いを解くため、同時に魂が解放されたイシスとホルスと協力して、オシリスの神殿を冒険する。

神殿内では敵との戦闘はもちろんの他、トラップやパズルが至る所に仕掛けられておりそれらを解きながらゴールまで目指し、道中で入手した武器やステータスを向上させるリング、特殊スキルを獲得できるアミュレットなどの装備を整え、待ち構える強敵に挑んでいく。