読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 10のゲーム共有機能

Xbox One購入してWindows 10側のXbox アプリ立ち上げることが増えて思い出したけど、Windows 10には標準機能としてゲームのスクリーンショットや動画を撮影する機能が搭載されていてXbox Live経由でも共有できてたんだな。スクショはSteamクライアントで撮って即上げてたし、動画もShadowplay経由で負荷かけることなく撮影できていたので空気杉田。

もう一年以上Win 10使っているはずなのに、この機能一切使わなかったのでこの機会に試しに使ってみることにした。

操作は至って簡単でゲーム中に、UI経由で設定や撮影などを行う場合はキーボードの Win キー + Gキー、スクリーンショットの撮影はWin キー + Alt キー + PrintScreenキー、動画の録画と終了はWin キー + Alt キー + Rキーを押すのみ。

撮影したスクリーンショットや動画はユーザーフォルダの「ビデオ」フォルダ内の「キャプチャ」に保存される。

f:id:BCC:20170207220044p:plain

Xbox Liveのプレイ状況のフィード(Steamコミュニティ アクテビティみたいなもん)に撮影したものを上げるには、Xboxアプリを立ち上げて左側のメニューにある「ゲーム録画」(フィルムとコントローラのアイコン)をクリックして、「PC 内」タブにある撮影したものを選択し「アップロード」ボタンをクリックすればXbox 360/Oneのフレンドにも見せびらかすことができる。

f:id:BCC:20170207220039p:plain

ただし、ゲーム側がXbox Liveで対応している必要があるようでSteam版「Alan Wake」「Payday 2」「Killing Floor 2」「ギルティギア Xrd」「ネプテューヌシリーズ」等は上げることはできたが、「Go! Go! Nippon!」「ぎゃる☆がん」「Shadow Warrior 2」等は登録されたゲームとして認識されずエラーが出てダメだった、

使ってみて思ったけど・・・なんだろうなこれ。Xbox公式ネガティブシステムにしかなってないような。SteamユーザーとかXbox Liveコミュニティに引き込むために、フレンドのXboxユーザーともゲームプレイ状況を共有するシステムを構築してゆくゆくはXbox LiveをPCゲーマーにも広げたいって思惑なんだろうけど、なんかKF2とかGG XrdとかネプテューヌのSS上げててふと気づいたら「Xboxって自分が興味を引くゲーム出てないんだな」って思っちゃったし、PS4やSteamで出てるのにXboxで出てないゲームを共有できるようにしちゃってたら、Xboxユーザーもあれがこれがないと思って他のゲームコミュニティにいっちゃうんじゃないだろうか。