VR専用最新作「Half-Life: Alyx」発売までの2カ月間期間限定でHalf-Life全シリーズが無料プレイ可能に。初代Half-Lifeの日本語化方法

Half-Life 1とHalf-Life 2の間の出来事を描いたアレックス・バンスを主人公とするVR専用Half-Lifeシリーズ最新作「Half-Life: Alyx」発売までの期間限定で、Half-Lifeシリーズ全作が無料で遊べるキャンペーンがSteamで実施された。

 Steamストアページ - Half-Life フランチャイズ

ニューメキシコにあるブラックメサ研究所を舞台に、主人公ゴードン・フリーマンが特殊物質の実験中に異次元とのポータルが開いてしまい異次元から来たモンスターと事故を隠蔽しようとする海兵部隊との三つ巴の死闘を描いたFPSHalf-Life」、海兵部隊側の視点から事件を描く「Half-Life: Opposing Force」、ブラックメサ研究所の警備員側の視点からの「Half-Life: Blue Shift」、

前作から約15年後、異次元からのモンスターが地球上の至る所に住み着き、人間社会は地球外生命体コンバインによって管理社会となってしまった世界でゴードンがレジスタンスとしてコンバインと闘う続編「Half-Life 2」「Half-Life 2: Episode 1」「Half-Life 2: Episode 2」などの(初代のSourceエンジン移植版やマルチプレイスタンドアロン版を除くと)6タイトルが3月中旬まで遊び放題となっている。

プレイ方法はSteamにログインして各ゲームのストアページに行き、購入ボタンよりも上にある「ゲームをプレイ」を押すことでインストールが開始される。

f:id:BCC:20200122165141p:plain

Half-Life 2シリーズはサブタイトルで作品の時系列的が分かりにくくなってるが、無印→Episode 1→Episode 2の順に話が進行していくのでシリーズを初めてプレイする際はその順番で遊べば問題ない。

 

公式に(字幕のみ)日本語化されているのはHalf-Life 2シリーズの3作品のみで、初代とその外伝の拡張パックは日本語化されていないが、初代に関しては日本語化Modが存在する。自分が昔運営していたサイトでアップロードしていたものの閉鎖してそのままだったのでここで上げなおす。

Googleドライブ - Half-Life 日本語化Mod

Googleドライブ - Half-Life Uplink

オマケでHalf-Lifeの体験版「Uplink」をSteam版Half-Lifeで遊べるようにするModもGoogleドライブに再アップロードしておいた。

日本語化の方法はSteamゲームライブラリ一覧から「Half-Life」を右クリックして「プロパティ」→「ローカルフォルダ」タブ内にある「ローカルファイルを閲覧...」ボタンを押してゲームフォルダを開き、「Valve」フォルダやhl.exe実行ファイルがあるフォルダと同じ場所に、上記URLからダウンロードして解凍して出てきた「hl_jp」(uplink)フォルダをコピーし、Steamクライアントを再起動するとライブラリ一覧に「Half-Life Japanese Caption Ver.」という新ゲーム(Mod)が出てくるのでそれを実行する。

f:id:BCC:20200122170031p:plain

f:id:BCC:20200122170043p:plain

f:id:BCC:20200122170109p:plain

 

f:id:BCC:20200122170300j:plain

 

www.youtube.com

Steam版イース8、前回のアップデートから1年以上も経って大型アップデートが配信、グラフィック改善・安定性向上・ローカルCo-opへの対応

2018年発売当初、不安定な動作や内部解像度が固定などせっかくのPC移植にもかかわらず最適化不足が数多く指摘され発売から数か月間アップデートを何度も繰り返していたSteam版「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」

アップデートで初期リリース版よりはマシになったとはいえ、それでもまだ残る不安定さやザラザラしていてシャープさに欠けるグラフィックなどPC版ならではのメリットがあまりなく、1年以上も音沙汰のない状況が続いていたのでこれ以上の改善が見込めないのかと思われたが、今年になってからグラフィックの大幅アップグレード・安定性の向上・更に試験版ながらローカルCo-opへの対応を行う大型アップデートの配信が開始された。

アップデート履歴が英語でしか書かれていないが、とりあえず大雑把に日本語に翻訳してみた。

 

グラフィック周り
・任意レンダリング解像度への対応
・ミニマップ表示、ブルーム、リフレクション、ポストプロセスエフェクトの解像度をレンダリング解像度と合うように調整
・不必要なメモリデータ転送による影描写のパフォーマンスを改善
・スーパーサンプリングレンダリングへの対応
・ボリューレトリックライティングの品質を改善
・HBAO+の実装
・草、モンスター、NPCの描写距離設定を追加
・アニソトロピックフィルタリング設定を追加
・アニメーションをフレームレートと同期するよう調整し高フレームレートにも対応
・HQテクスチャDLCへの対応

 

操作周り
・マウスによるカメラコントロールをdirect 1:1のジョイスティックエミュレーションに置き換え
・移動キーを個別に設定可能になった
・マウス/キーボード操作で歩き動作を行えるようになった
・PCゲーマー向けにデフォルトのキーマップを変更

 

安定性の向上
・VRAMメモリリークを修正
・稀に生じる言語切り替え時のクラッシュを修正
・64bitビルドにすることで長時間プレイによるアドレス空間のフラグメントを抑制
・競合によるクラッシュを防ぐためレンダリングスレッドの改善
・不必要になったアセット暗号化を削除(I/Oの高速化)

 

その他
・ローカルCoop(テスト版)の実装
XInputコントローラが二つ必要で、パーティーに二人以上のキャラクターがいるシーンでのみプレイ可能。
プレイするにはゲームの実行ファイルの起動オプションに“--coop"をつけて、二つ目のコントローラのSTARTボタンを押す

 

ローカルCo-opは実際に試したわけではないが、起動オプションに引数を入れなくてもSteamライブラリからの起動時に通常プレイかCo-opプレイかのボタンチェックダイアログが出てくることを確認。

f:id:BCC:20200119135458p:plain

ローカルプレイとのことだけど、Steamの「Steam Remote Play Together」を使えばフレンド間で疑似的にオンラインCo-opプレイが可能なはず。

参考

 

アップデートと共に配信が開始された無料の高画質化HDテクスチャはこちらから

ストアページで「ダウンロード」ボタンを押すことで導入できる。テクスチャの高画質化の他、いくつかの素材アイテムも入手する。導入するとゲームがクラッシュしたり、元のテクスチャに戻したい場合は所有DLC一覧から「HQ Texture Pack」の項目を外そう。

f:id:BCC:20200119134658p:plain

 

グラフィック設定一覧

f:id:BCC:20200119133524j:plain

f:id:BCC:20200119133534j:plain

「解像度」「垂直同期」「スーパーサンプリング」の項目はオプションの「画面」、その他の詳細なグラフィック設定はオプションの「描画」のタブに分かれていせッていする形になっている。

一度設定を変更したら一旦ゲームを再起動させないと設定が反映されないので注意。

 

ではとくとご覧あれ、最高設定・HQテクスチャを導入したこの真のPC版イース8の神グラフィックを・・・

f:id:BCC:20200119131651j:plain

f:id:BCC:20200119131711j:plain

f:id:BCC:20200119131747j:plain

あ、はい。紙グラフィックですね。

元から前世代機並みの画質で、いくら描写距離・ライティング・影描写を改善したところで間違い探し程度の違いでしかないし、絵的にアニメ調のタッチにした方が雰囲気にあっていそうなのに実写的なテクスチャの解像度を上げたところで粘土樹脂人形のようなキャラクター達が余計に背景から浮き上がって見えちゃうっていうね。

とはいえ、ザラザラしたグラフィックがシャープになっただけでもかなり見やすくなったのは間違いない。

 

アップデート履歴にも書かれている通り、メモリリークやスレッド競合によるゲームのクラッシュを抑制する改善点もこのアップデートには含まれており、動作が不安定でゲームの進行にすら支障が出ていて積んでいたという人もこのアップデートで動くようになっていないか確認してみてもいいだろう。

シングルプレイ専用雪合戦VRゲーム「Merry Snowballs」が2月1日までの期間限定・数量限定で無料配布中

雪が降りしきる町角で子供達と雪合戦を行うVR専用ゲーム「Merry Snowballs」がSteamにおいて日本時間2月1日午前3時までの期間限定で無料配布中。

数量限定とのことだが在庫数は不明で、Steamトレーディングカードにも対応しているが無料配布だとカードドロップしない可能性がある。

入手方法はSteamアカウントにログインしてストアページを開き、「アカウントに追加」ボタンを押すことで入手できる。

f:id:BCC:20200118140949p:plain

ゴミ箱の蓋や自身の手などで防御したり姿勢を変えて物陰に隠れながら子供たちが投げてくる雪玉をかわしつつ雪玉を投げ返し、様々な効果が得られるパワーアップアイテムを拾ってゲームを有利に進めていく。シングルプレイのみで対人戦などは行えない。
対応しているVRヘッドセットはHTC Vive、Oculus Rift、Valve Indexとなっており各社Windows MRヘッドセットには非対応。

「黄昏DX」発売記念セール。Steamで「アトリエ」シリーズが最大40%オフのセールを実施中。シリーズ最新作「ライザのアトリエ」も30%オフ

Steam ストアページ -  「黄昏DX」発売記念セール! 人気の「アトリエ」シリーズが最大40%オフ!

モンスターと戦ったり道中で材料を採取し調合してアイテムを作成するコーエーテクモゲームズが発売するRPG「アトリエ」シリーズが、Steamにおいてシリーズ区分「黄昏」シリーズのSteam版発売を記念し最大40%オフのセールが実施中。
昨日からSteamで発売が開始された、錬金術で発展した文明が衰退し滅びつつある黄昏の時代を舞台にしたアーシャのアトリエエスカ&ロジーのアトリエ」「シャリーのアトリエ」三作を移動や戦闘の高速化・グラフィックの高解像度化・DLC収録を施したリマスター版DXが1週間限定で各タイトル10%オフ(黄昏シリーズ三作をバンドルしたトリロジーは33%オフ)となっている他、
退屈な島での生活に嫌気が刺し刺激を求めて島の外に探検に出かけたライザや仲間たちの一夏の冒険を描いたシリーズ最新作「ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~」も他のプラットフォーム版を含めてもダウンロード販売では最安値となる30%オフ(6,006円)となっている。

 

注意点としてSteamで発売されているアトリエシリーズ唯一「ソフィーのアトリエ」が日本語字幕に対応していない(音声のみ日本語)のと、「ライザのアトリエ」がAMD RADEON環境でゲームが起動しないという報告がVer1.02パッチ以降レビューやアップデート履歴のコメント欄で複数報告されている。ソフィーを購入しようとしている人や、RADEONを利用していてライザをプレイする人は注意。

PC版「GTA4」Steamで販売停止中

※1月14日追記Rockstar Games広報担当がUS Gamerに語ったところ、やはりGame for Windows Liveのサポートが終了していて認証キーの追加発行が行えなくなっているため発売ができなくなったとのことで、可能であれば別の方法でPC版販売再開を検討している、とのこと。

US Gamer - Rockstar Explains Why Grand Theft Auto 4 Was Suddenly Delisted From Steam

 

ニューヨークをモチーフにした架空の都市「リバティーシティ」を舞台に、主人公ニコ・べリックが過去の因縁に決着をつけアメリカンドリームを掴むため様々な仕事を請け負っていくオープンワールドクライムアクションゲームGrand Theft Auto 4」(GTA4)のPC版がSteamにて販売が停止している状態になっている。

GTA4本編のストアページ自体はまだ残っている状態ではあるが購入ボタンは存在せず、また本編と同じ時間枠で同じリバティーシティを舞台にジョニーとルイスの2人の別主人公から展開するストーリー2本のDLCスタンドアロン化した「Grand Theft Auto: Episodes from Liberty City」(GTA:EfLC)とのセット版「Grand Theft Auto IV: Complete Edition」も販売が停止中。
ただし、日本からはおま国なもののGTA:EfLC単体はまだ販売停止に至っておらず、GTA4本編のみが販売停止対象になっていることが分かる。

 

Rockster Gamesからは正式アナウンスはまだないものの、販売停止になった原因として考えられるのが、2018年にもラジオ「Vladibostok FM」の一部楽曲を削除するアップデートが配信されておりGTA4本編で流れるカーラジオの楽曲に配信契約の期間が切れたものが出てきたか、もしく使われているGame for Windows Live(GfWL)の認証キーが在庫切れを起こしている可能性がある。


ゲームが不正に入手されたものでないかの認証、Xbox実績によるゲームの進行状況の管理、オンラインマッチングを行っているGfWLだが、認証に失敗したりXbox Liveにログインが行えず正規ユーザーなのにゲームがプレイできないという悪評が広まり普及せず、提供元のマイクロソフトもサポートを終了させてしまったシステムで、仮にキーの在庫不足が原因で販売が停止しているとしてもGfWL用の認証キーを追加発行してくれるのかは不透明。

発売を再開にするにしても現行のWindows 10環境とGfWLクライアントの互換性があまりよろしくない(自分の環境ではGfWLクライアントを最新版に再インストール後、キーを入力してログインするまでに10~15分程度待たなくてはいけなかった)ので、この機会にGfWLを廃止し、Rockster独自かSteamworksを利用して進行状況の確認・マッチングを行う(サポートできないのであれば過疎っているのでマルチプレイを廃止して)実装を行ってほしいがそこまで行ってくれる要員や予算があるかどうか。

相手の頭を奪い取る4人対戦ゲーム「Headsnatchers」がHumbleストアで無料配布中。要Steam登録

相手の頭を奪い取りゴールにシュートしたりトイレに流したりして倒す4人対戦型アクションゲーム「Headsnatchers」がHumbleストアにて無料配布中。配布期間は1月13日午前三時まで、無料配布の条件としてニュースレーターへの登録が必須となっている。配布されるキーはSteam登録、Steamトレーディングカード実装済み。

 

入手方法はHumbleストアの配布ページに飛びHumbleアカウントにログイン後、「GET THE GAME」を押すかもしくは直接ページ下までスクロールして「Subscribe to newsletter」にチェックを入れて「GET IT NOW」ボタンを押す

f:id:BCC:20200110124637p:plain

ログインしているHumbleアカウントがSteamアカウントとリンクされていなければ「Link Steam Account」ボタンを押して使用しているSteamアカウントにログインしてリンク設定を完了させる。

f:id:BCC:20200110124801p:plain

Humbleアカウントに登録しているメールアドレスに届くメールで「Redeem Now」と表記されたHeadsnatchersのアイコンを押して

f:id:BCC:20200110124830p:plain

表示されたページの下のほうにある「Reveal your Steam key」を押すと15桁の英数字が書かれたSteamキーが表示されるのでキー表示欄右端の「Redeem」と書かれた緑色のボタンを押し、

f:id:BCC:20200110124834p:plain

キー登録ページを表示してSteam 利用規約の同意にチェックを入れて有効化させるとゲームがアカウントに登録される。

f:id:BCC:20200110124836p:plain

 

Steamコミュニティで上げたスクリーンショットが誤BANされる(場合の対処方)

プレイ中のゲームのスクリーンショット(F12キーで撮影)をSteamコミュニティに上げるのが趣味みたいになっている自分だが、時折ブヒゲースクリーンショットを上げるとSteam コミュニティ&コンテンツのガイドラインに違反しているということで一定期間スクリーンショットのアップロードが出来なくなり、該当のスクリーンショットも自分以外には表示されなくなる処置が施されることがある。

f:id:BCC:20200105123503p:plain

 

だが、どれもこれも裸や下着描写はあれど乳首や性器が映っているスクリーンショットは一切上げておらず、ガイドラインに一例として掲載されているポルノとは自分は一切思ってないので、間違って消されたとしか考えられない。

この一か月だけでも以下の4件のスクリーンショットがBANされている。

 

DEAD OR ALIVE Xtreme Venus Vacation

f:id:BCC:20200105124431j:plain

 

ラブキューブ

f:id:BCC:20200105124426j:plain

 

オメガラビリンス ライフ

f:id:BCC:20200105124443j:plain

 

蒼の彼方のフォーリズム

f:id:BCC:20200105124439j:plain

 

どこがポルノやねん!ただ胸寄せたり、衣服の上から乳首の形状が見えたり、お風呂入ったり、偶然着替えシーンを覗いた場面しかないやろが!

 

というわけで、早速Steamサポートに文句を言いに行こう。

f:id:BCC:20200105123506p:plain

BANされたスクリーンショットの上に掲載される警告文の白く表示された「Steam サポート」のリンクを踏むか、直接Steamサポートの"削除されたあるいは非公開にされたコンテンツに関する質問"から「サポートに問い合わせる」を選択しSteamアカウントにログイン、ヘルプリクエストを入力する場面では、BANされたスクショのURLと「This is not nude.」というのだけで十分だ。

f:id:BCC:20200105220614p:plain

f:id:BCC:20200105220204p:plain

もっと過激なのが上がっているとか、他人が同じスクショを上げたのにBANされてないとかの反論は不要だ。仮に誤BANではなくガイドラインに沿って正式なBANだと判断された場合、追加でBANされるだけで被害を増やすだけだ。

 

それでどうなったかというと、

上に掲載した4件のスクリーンショットはすべてサポートスタッフが確認した時点で「間違ってました。BANは解除しました。」と返答されてすぐに解除された。

憶測だがSteamコミュニティのスクリーンショットのBAN判定は大半の場合、機械学習で自動処理されている可能性が高い。人のチェックが入っているのならすぐ見てガイドラインに違反していないと明確に判断できるくらいのものをBANしてサポートに解除させる手間を増やさないだろうし、第三者の嫌がらせによる通報やコミュニティモデレーターによってBANされたという説も、今回BANされたスクリーンショットの中には中途半端に古くてプロフィール画面からもゲームコミュニティページからも発見しずらく、コミュニティページトップにこれらよりもモロなスクショがそのまま残り続けているのにわざわざ見つけにくい物をあえて選ぶとも考えられない。

というか、直前にBANされた「あおかな」のスクショで誤BANが発生した理由を説明されたが、「Google Cloud VisionAmazon Rekognitionの両方で全年齢向けでないと検出されたため」と言われた。「他のユーザーから通報があった」とか「評価に誤りがあった」という別に言われる誤BAN理由もおそらく建前上の説明で実際にBANする際は機械学習によって判別していると思われる。

 

本当に間違いで削除されたケースであればこれで再びスクリーンショットがコミュニティ全体に表示されるようになるので、同じように下着・水着・裸体とはいえ大事なところは見えていないスクリーンショットをBANされたという人も諦めずにサポートに文句を言おう。

ただし、そのゲームのSteamコミュニティページを管理しているゲーム開発者やコミュニティモデレーターが独断で削除した場合はSteamのコミュニティガイドラインの管轄外のようで、SteamサポートからはBANを解除できずそのゲーム会社に直接連絡を取る必要があるとのこと。