今年もSteamサマーセールが開催

f:id:BCC:20170623141024p:plain

 

「欲しいタイトルはもう定価買いしてプレイ済みだし、どうせしょっぱい値引き率なんだろうなぁ。今年のサマーセールは数タイトルだけ開発するか。」となんとなく開始直後にストアページ開いて「あぁ・・・やっぱり」と思って寝た後、とはいえなんも開発しないのもしゃくだからとりあえず安くなってるゲームやDLCを開発しまくった結果。予算3万超え。うむ、サマーセールカードのクラフトができなくなった。

まあ数は多そうに見えるけど実際にはZaccana Pinballの台DLCばっかりだからゲーム自体は少ないんだけど

Save 59% on Zaccaria Pinball - Platinum Membership on Steam

 

話は変わって、今回のSteamサマーセールでセール対象となっているタイトルから、近年プレイしてこれはおすすめと個人的に思うタイトル群を独断と偏見で選んでみた。セール対象が多すぎてどれ開発していいかわからない新規スチーマーは参考にしよう、いや有名どころばかりでありきたりな選抜になっちゃって面白みがないし、それはこのセールでもう開発したよって言われそうなタイトル群ばかりなので、しなくていいかも。

  • Life is Strange(日本語対応)

E3でも新作が発表されたエピソード形式のアドベンチャーゲーム。幼馴染の殺人事件の現場を目撃し、時を巻き戻す能力を身につけた女子高生のタイムリープもの。全エピソードを収録して75%オフの495円と格安だが、エピソード1は無料でお試しプレイ可能なのでそれでも迷うという人は試しに遊んでみよう。また日本語化DLCも無料配信されている。

 

ホラーゲームでお馴染みバイオハザード最新作。40%オフの4,794円。まだアクションゲームとして名作ではあったものの、5はうん?と思うような感じになってきて、6に至ってた色々詰め込みすぎて何が何だかさっぱりな状態となってしまっていたが、7は原点復帰を謳い文句にしているだけあって、物陰や開けたドアから何かが飛び出してきそうな洋館をさまよい歩き、数少ない弾薬や回復アイテムを節約し、建築基準法違反気味で実用性ゼロの仕掛けを解き明かして進んでいく内容は、ゲームシステムこそ主観視点に切り替わり別物となったはずなのに「バイオハザードらしさ」が前面に出た良作。通常版(CERO D)とグロテスク版(CERO Z)が両方Steamで発売されておりどちらも日本語音声・字幕収録、もちろんグロテスク版の方が暴力表現は上なのだが、このバージョンですら海外版に比べて規制がかかっており規制内容も演出的に不自然な見栄えになってしまっているシーンがある。海外版にも日本語音声・字幕収録が収録されておりしかも制限なく日本地域のSteamアカウントに登録可能なので、どうしても表現規制版がプレイしたくないという人は今回のSteamサマーセールでは買わず外部のキー販売サイトなどを利用して海外版を入手しよう。

 

  • ニーア:オートマタ(日本語対応)

エイリアンとその兵器「機械生命体」が地球を侵略し、人類が月に避難した未来を舞台に、地球を取り戻すためにアンドロイドの2B・9Sが闘いを繰り広げるアクションゲーム。30%オフの5,896円。

PC版はフルスクリーン表示時に問題が発生する場合があったり、高性能PCでもマップ移動時にフレームレートがカクつく(一応PS4 Pro版でも同じ現象が発生する時がある)といった現象があり、いまだに解決する公式パッチが配信されていないが、フルスクリーン表示の問題は外部ツールを使用すれば解決は可能。技術的な欠点やカメラワークとシューティングパートに難があったりするものの、プラチナゲームズお得意の派手な爆発エフェクト満載の斬撃アクション、荒れ果て何かが抜け落ちてしまった空虚な舞台の雰囲気、その舞台を盛り上げるコーラスやボーカル入りの音楽、1週目とは別視点で物語が語られる2週目そして3週目で大きく話が展開する周回プレイ前提の独特のストーリーテリング、そして2Bのケツとスカートの間からチラチラ見えるレオタードは、プレイヤーに強い「印象を残す」ゲームとなっている。

 

  • Rabi-Ribi(日本語対応)

ペットだったウサギが何故か人間の姿になり、道中で出会った妖精と冒険を繰り広げる2Dアクションゲーム。台湾産で日本語対応。30%オフの1,470円とインパクトのあるセールではないが、1年以上発売しているにもかかわらず大幅な値引きをしないようなので次のセールを待ったからといって確実に安くなるとは限らない。

中身自体は至って硬派なメトロヴァニアスタイルのアクションゲーム。マップを探索し新たなアイテムや能力を身につけ、それらを利用して進めなかったマップの先を更に探索していくというメトロヴァニアでおなじみのスタイルだが、ほとんどのボスキャラが弾幕攻撃を撃ってきて、終盤のボスキャラに至っては縦シューのそれと同等な状況をアクションゲームで行われる。弾幕攻撃が始まったら弾幕のパターンを読んで避け、止んだところで攻撃を繰り出していくという、見た目の可愛さとは裏腹に精密なアクションが要求される。

 

PS VITAで発売された「超次元ゲイム ネプテューヌ Re;Birth」シリーズをPCに移植したもの。全タイトル単体なら80%オフの640円、全DLCやアートブック・サントラなどを収録したデラックスエディションでも73~75%オフの1,061円~1,281円。

発売前、ファミ通で「Steamで英語版出します」とかインタビューで答えたかと思ったら発売数日後に説明もなくおま国化、だが英語版から1年以上経った後に突如として日本語字幕が追加された日本語版としておま国が解除された作品。Steamで最近発売された「超次元大戦ネプテューヌVSセガハードガールズ夢の合体スペシャル」も日本から開発可能だが、今回のサマーセールではセール対象とはなっていない。

ゲーム業界を擬人化したRPGゲームで、主人公のネプテューヌをはじめ出てくる女神はゲーム機を擬人化、そしてその女神達を信仰するものはもちろんそのゲームハードの信者、その他の登場人物もほぼすべてゲームメーカーやゲームを連想する設定、会話もサブカルネタ・ネットスラング・メタ発言が随所に散りばめられ、他のゲームでは見たことが無い独特の世界観となっている。野郎キャラは会話シーンでボイスありでも顔はウィンドウ画面にしか表示されず完全にモブ扱い、ゲームシステムそのものは戦略性もへったくれもなくDLC導入で簡単にレベリングすることが可能でお世辞にも出来がいいとは言い難い古典的な萌え重視のターンベースRPGだが、作中に出てくる元ネタを知っているものなら会話パートはニヤニヤすること必至。

 

  • DOOM(日本語対応)

FPSの金字塔「DOOM」の2016年リブート版。50%オフの1,650円。

確かに名作ではあったものの、ただ敵を倒しながら迷路状のマップを突き進んでゴールを目指すだけとも言える今から見れば少々質素すぎるゲームだったオリジナル版をどう現代に蘇らせるのか、一本道にしたり演出を出して今風のFPSにしてDOOMらしさを消すんじゃないのかと発売前は心配になったが、いざプレイすればかつては2Dスプライトだった敵たちも雰囲気そのままに綺麗かつ軽快な動作によって描かれ、マップは簡素にしつつも一本道と感じぬようデザインがなされ、操作不能な演出シーンも新敵登場シーンや一回10秒にも満たない一部のイベントのみ、敵をダブルバレルショットガンやチェーンガンで粉々にしていく爽快感はDOOMそのもので、無用な心配だった。オブジェクト遂行型の現代的なFPSを求める人にはやはり単調と感じる面もあるだろうが、難しいことは考えずスカッとするFPSを求めている人は絶対プレイすべき。

 

アップグレードDLCRev 2」(こちらはセール非対象)も配信された格闘ゲーム。24%オフの2,264円。2Dアニメのようなグラフィックだが全てトゥーンレンダリングによる3D描写となっており、ラウンド開始時や技が繰り出される際にカメラワークが変わったり、2Dグラフィックでは実現不可能な演出が見られる。純粋な格闘ゲームとしてもクオリティは十二分に高いが、ストーリーが語られるアニメパートは4~5時間以上の尺があるにもかかわらず動きや内容は劇場版作品としか思えない仕上がりとなっている。ここだけでも十分定価以上の価値はあるだろう。格闘ゲームが苦手な人でもアニメ作品だと思って開発しても良い。

そして・・・

ラムレザルが可愛い

以上!

前作「SIGN」も66%オフの983円となっており、こちらもREVELATORの前編となるストーリーアニメパートが用意されている。自分の事を単なる使い捨ての道具としか価値を見出すことができなかったが、シンや妹のエルフェルトとの親交を通して心境に変化が生じ、セリフや態度が変わっていくラムレザルちゃんにブヒろう!あぁ~もう我慢できん!

Steamでアニメ「けものフレンズ」が配信開始。もちろん・・・

f:id:BCC:20170622143432p:plain

 

全話購入しても定価11.68ドルで更に今なら66&オフの4.08ドルとなっているけど、おま国なんですな、これが。うん、配信される前から知ってた。

Steamでの配信元はCrunchyorollという北米・欧米地域向け限定のアニメ配信サービス会社であくまでも特定地域向けの配信ライセンスを取っているだけに過ぎず、日本だけおま国ってわけじゃなく基本アジア・アフリカ地域全域でおま国となっているんだけど、アジア・アフリカ地域設定のSteamアカウントにはギフトとして送れないし仮になんとかして登録できたとしてもアジア・アフリカ地域IPから繋いでいる限りは視聴は不可能というガチガチのおま国設定。海外フレンドに代理購入して入手するという手も絶たれている。絶望した!

まだSteamギフトがインベントリに一時保存できる仕様だった時に、Crunchyorollの「艦これ」や「Re;ゼロ」をギフトで送ってもらったことがあったがアカウントに追加できず、何十ヵ国にもおよぶ視聴不可能地域が無情にも表示されるという代物だった。

f:id:BCC:20170622144323p:plain

アレを利用して有効化しようにも視聴するにはアレがやっぱり必要になるし、アカウントに制限がかかりそうなので怖くていまだにできていない。

 

別にdアニメとか日本向けの配信サービスで散々見れる代物だし、Steam限定コンテンツってわけでもないんだけど、海外フレンドが何の制限もなしに開発していっている様や、日本のコンテンツなのに日本からは利用できないというのはやはり何度見てもモヤモヤとするものがあるし、そのたびに「なんだかなぁ」という感想が浮かんでくる。

 

しかし、意外とSteamでアニメ配信されているってこと、ただのゲーマーどころかSteamでゲーム配信してそうな開発者ですら知られてないんだな。いや、今まで配信されてきたSentai Filmworksの「火垂るの墓」「けいおん!」「Fate、「けものフレンズ」と同じCrunchyorollの「艦これ」「ベルセルク」「銀魂」等とか結構いろいろ配信されてきてるのに、日本じゃ全部おま国だから熱心なスチーマー以外の日本人がSteamで見る機会はほぼないといっていい状況なんだから当たり前なんだけど。

CrunchyrollのSteam配信タイトル一覧

 

今回「けものフレンズ」以外にも複数アニメタイトルが同時に配信開始されているが、Crunchyoroll管轄じゃなくカドカワサンライズが直接パブリッシュしている(勘違い)「カオスチャイルド」や「ドリフェス!」に関しては日本からも開発可能。

store.steampowered.com

store.steampowered.com

ただ、価格設定が全話合わせても約400円と北米地域設定と同様の格安になっており、もしかしたら海外市場向けに低価格に出すはずが、リージョン設定をし忘れて日本ストアでも開発可能となっているだけなのかもしれないので、欲しい人は今のうちに開発しておこう。

f:id:BCC:20170622144926p:plain

Steamに「暗殺教室VR」が登場

store.steampowered.com

 

漫画「暗殺教室」を題材にし、ジャンプフェスタ2017でも展示されていたVRゲーム「暗殺教室VR」がSteamでリリースされている。

バンナムがリリースしていておま国だったワンピ・ナルト・ドラゴンボール以外のジャンプ作品で、しかもライセンス品ではなく集英社が直接パブリッシュを手掛けるという前例のない作品。

 

もっと原作の題材にあったVRゲームが出てくれたらいいのになぁ、と率直に思うが個人的には

安西先生To LOVEるのVRゲームが欲しいです・・・

ニコニコ超会議の時に明らかに人目に付かないよう隅っこのほうにブースが設置されて展示されていた、すけすけゴーグルくんのやつ来てもよさそうなもんなのに。まだHTC Viveも出ていない頃のOculus DK1かDK2時代のやつだから作り直しが必要なんだろうけど。

「Life is Strange: Before the Storm」の日本発売アンケート

 名作アドベンチャーゲームLife is Strange」の前日譚「Before the Storm」の日本語版が出たとしたら購入するかというアンケートが日本Life Is Strange公式Twitterで実施されており、アンケート締め切り1日前のこの記事を書いている時点で1万2千票程度投票されている。前日譚だからファン向けのタイトルで前作の売上を超すのは難しそうだし、仮に本当にこのアンケートで欲しい表に入れた人が全員買ったとしても1万本行くかどうかってレベル。Twitterやってない人やアンケートやっている事を知らない人もいるだろうけど、出ないって選択肢も確かに出てきてしまうんだな。自分はアンケートじゃなく日本語に対応することを願ってSteam版を予約しておくことにしよう。

store.steampowered.com

 

あと、Life is Strangeとは関係ないけど、リプレイ欄の一部の人たちが色々言われてて「マイノリティだから叩かれるんだ!」とか被害者意識持つ前に、散々煽り気味なこと言ってくるのを改めた方がいい。ちょうど2カ月前にこのblogでその事を指摘して実際該当する人も読んだはずなのに、未だにおんなじ事繰り返してるようで本当にどうしようもない。「ファーストとサードのタイトルは違う~」と弁明してるけど、「BO2がPS4でも遊べたらいいな」ってつぶやくと晒し行為をしていたのは一体誰なのか?しかも晒し行為をやっている奴のXbox Live ゲーマータグ見てみると360互換機能をそこまで使ってないどころかBO2で遊んだことすらない奴がやっているようだし。E3で話題になった互換やクロスプラットフォームの話でも、対応していないところは悪みたいな論調を繰り返しているが、それがまた根に持たれて何かあった時に叩かれるんだろう。

Steam版超次元大戦ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズがリリース、悪夢の合体スペシャルにも関わらずおま国じゃないし日本語対応

 

ネプテューヌシリーズのゲームハード擬人化キャラとセガ公式の擬人化プロジェクトの「セガ・ハード・ガールズ」の同一モチーフキャラが夢のコラボを果たすRPG「超次元大戦 ネプテューヌVSセガ・ハード・ガールズ 夢の合体スペシャル」のSteam版がリリースされている。

アイディアファクトリーセガ、ただでさえどちらの社名も聞いただけでPCゲーマーだったら蕁麻疹や喘息が発症するレベルなのに、その二社がコラボというまさに「悪夢の合体スペシャル」な作品だが、なんと日本でも海外版と同日リリースでしかも日本語も音声はもちろん字幕も収録という今までのSteam版ネプテューヌシリーズでは考えられない対応がとられている。

f:id:BCC:20170614010622j:plain

f:id:BCC:20170614010632j:plain

f:id:BCC:20170614010645j:plain

またPSコントローラの〇×決定に慣れている日本プレイヤー向け専用と思われる、初回起動時は決定/キャンセルボタンの配置を反転させるか確認する親切な設定まで用意されている(後でオプションから変更も可能)。

f:id:BCC:20170614010531j:plain

手違いとか今まで散々やってきたのにここまでするとか、ナスとか悪いものでも食べたの?

 

まあ、色々あったけど反省してここまでしてくれるんだから過去の悪行の数々は忘れてこれからは応援・・・あれ?ブランVSゾンビ軍団、ネプテューヌVII、モンスターピースはまだおま国・・・やっぱりアイディアファクトリーは・・・う、蕁麻疹が・・・

 

今度はディーゼルマインの「女子校生サクラの貧乏奮闘記」がSteamに登場予定

修正も施されていたとはいえほぼエロゲーそのものだった「ドラゴニア」で我々を驚かせたSakuraGameが、今度は同人サークル「ディーゼルマイン」の「女子校生サクラの貧乏奮闘記」を中国語/英語にローカライズしてSteamに発売する予定のようで、「Material Girl」というタイトルでストアページを開設している。

 


Steamへのローカライズに合わせてCGに修正も施されると思われるが、ドラゴニアと同様の修正方向であればおそらく性器への修正が大きいことを除けば乳首・音・精液に関しては無修正のままとなる可能性が考えられる。

ストアページの頭悪そうな文章、どう考えてもCERO Zで収まり切っていない内容なのに表記、「淫乱度」や「おま〇この開発度」というSteamのストアページスクリーンショット(どころか他の一般サイトでも)では見たことがない単語が次々と出ていて、もうどこからツッコんでいいのか分からず、初めてストアページを見た時はストアページがハッキングされたかSteam外部のページに飛んだのかと錯覚するほどだった。いや、マジでどうしちゃったのよゲイブ?SakuraGameがValveのデーターベースに不正アクセスして、ゲイブの体重バラされたくなかったらこれリリースしろって脅しているの?

Steam版PAYDAY 2が500万本限定で無料配布中

store.steampowered.com

4人組のマスクを被ったギャングが強盗を繰り広げる協力型FPS「PAYDAY 2」のSteam版が500万本限定で無料配布されている。

Steamアカウントにログインして、Steamストアページから「ゲームをインストール」ボタンを押すだけでアカウントに半永久的にゲームが追加される。無料版でもSteamトレーディングカードもドロップするようになっている。

個別に売られていたDLC類は1パック化した"Ultimate Edition Update"として発売されるらしいが、この記事を書いている段階ではまだ売りに出されていない。

 

ある程度の基礎知識が必要なゲームになっており、初心者が難易度の高いゲームに参加するといきなりキックされることも珍しくないので、プレイする場合はWikiで最低限のゲーム内容を確認しておき、難易度DEATH WISHやONE DOWN(ドクロマークが5~6)の部屋には入らない、フレンドの初心者同士で集まってやるかあるいは逆にプレイ済みの人に手伝ってもらいながら遊ぶ方がよいだろう。

Payday2 日本語 Wiki*