エンド オブ エタニティ 4K/HD EDITIONがリリース、Steam版で「Aska Initialization failed」エラーが出る場合の対処方法

store.steampowered.com

f:id:BCC:20181018215841j:plain

銃撃による戦闘シーンが特徴のRPGエンド オブ エタニティ」のSteam / PS4移植版「END OF ETERNITY 4K/HD EDITION」が10月18日にリリースされた。

Steam版の価格は定価3,996円で、予約期間中は10%オフと告知されていたものの配信トラブルなのか予約が行われず、代わりに発売から一週間の間3,596円の10%オフとなっている。

 

一定時間内に移動、攻撃、アイテムの使用や装備などを行うタイムベースの戦闘シーンで、銃火器を利用した遠距離での攻撃を行い、敵を狙ってゲージが溜まってから攻撃するシステムになっている。一直線上に進みその間にジャンプや銃撃による攻撃を行う「インビンシブル・アクション」、パーティー3人の立ち位置を頂点としたその三角形を3人同時に切り替えながらインビンシブル・アクションを行う「レゾナンス・アタック」といった特殊なシステムが用意されており、レゾネンス・アタックの利用にはインビンシブル・アクションで他キャラクターの間を通った際に溜まるレゾナンス・カウントが必要になったりと、フィールド上での3人の立ち位置などを把握しながらの複雑な戦闘を要求される。

f:id:BCC:20181018215926j:plain

オリジナル版のPS3/Xbox 360版は解像度720p・フレームレート30fps・1024ドットのシャドウマップとなっていたが、Steam / PS4版はもちろんこの辺りが向上しており4K解像度やフレームレートの60fps化・シャドウマップの解像度が4倍(4096ドット)といった高画質化が施されている。

f:id:BCC:20181018215943j:plain

またSteam版には別途高画質テクスチャDLCが無料で配信されており、インストールすることでグラフィック設定から高画質テクスチャが有効にできる。ただし、このDLCを導入すると通常時は16GBのインストール容量だったゲームデータが83GBもの大幅な増量となるので、回線速度やディスクの空き容量をよく確認しておいた方がいい。

インストール方法は上記のストアページをSteamクライアントで開いて「ダウンロード」ボタンを押す、ゲームライブラリ内のDLCの項目でインストールにチェックが入っていれば自動的にインストールが開始される。

 

配信直後ということでバグはまだあるようで、特に報告されているのが「Aska Initialization failed」エラーと出て起動しない問題音声が時折再生されない問題。

自分の環境ではどちらの不具合も発生していないが、このうち「Aska Initialization Failed」エラーについてはWindows仮想メモリ(ページングファイル)を無効にしていると発生しているようなので、該当している人はシステム詳細設定から仮想メモリの項目で「すべてのドライブのページング ファイルのサイズを自動的に管理する」にチェックを入れるかどこかのドライブに手動でページングファイルを設定してみよう。

f:id:BCC:20181018221046p:plain

音声が再生されない問題は、これが解決方法かは分からないが、念のためサウンド再生デバイスの「既定の形式」で48000KHz設定に変更してみよう。

 

なお、現バージョンだと何故かゲーム内にゲーム終了ボタンなどが一切ありません。タイトル画面で全キーボードやコントローラのボタンを押したり、オプション画面を見直してみてもなく、仕方なくウィンドウ表示にしてから×ボタンで終了させなくてはならなかった。

自分が見落としているのかと開発元のトライエースに問い合わせてみたが

こんにちは。トライエースです。

この度は『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のご購入誠にありがとうございます。

Steam版の終了方法ですが、ウインドウ右上の×で閉じていただくか、Alt+F4で終了してください。
メニューから終了できる機能を追加したパッチについて、リリースの検討を始めましたので、お待ちください。

よろしくお願いいたします。

 とのことでパッチが出るまではいちいちウィンドウ表示に戻したり、Alt+F4キー(自分の環境では終了しなかった)を押さないといけない。

Steam版ぎゃる*がん2が50%オフ

store.steampowered.com

プレイヤーに向かってくる女の子たちを眼力で昇天させまくるシューティングゲーム「ぎゃる*がん2」が50%オフの3,490円で10月19日までセールされている。

前作までは強制移動&固定視点のレールシューターとなっていたが、ぎゃる*がん2からは視点が360度どの方向にも向くことが可能となり、移動地点をクリックすることでその場所に移動しながら進んでいくようになっている。更に新たな装備として「デビルスイーパー」という掃除機のようなアイテムが追加され、初期はスカートをめくる程度の吸引力だが、強化すれば衣服を脱がしてそのまま昇天させることができる「脱衣昇天」という新たなシステムが登場。更にえっち要素が高まっている。

 

なお、Steam版発売日は7月20日です。つまり約3か月で半額になったということです。まあ、Steamでは発売から日数経ってなくてもセールなんて当たり前の光景だし、FF15サイコブレイク2とかなんて発売1か月後に半額セールやってたので、驚くことでもないんですけど。もちろん、私は全タイトル発売日に定価で買ってます。

VHSテープ風のホラーゲーム「SEPTEMBER 1999」がSteamで配信開始

store.steampowered.com

数々のデメイク(リメイクの逆で過去の作品のように作り変える)映像の制作で知られる98DEMAKE氏のホラーゲーム「SEPTEMBER 1999」がSteamでリリースされている。無料タイトル。

今では見かけなくなったVHSテープ風のぼやけていてノイズやジッターの目立つ映像が目を引き、アパート内の一室を歩き回るだけで一定時間過ぎると次々と場面が切り替わっていくのみで、アクション性や謎解き要素などは皆無、プレイ時間も5分程度で終わってしまい短いが、その不鮮明な映像や変化していく室内の様子に不安や恐怖を駆り立てる。

f:id:BCC:20181011224215j:plain

f:id:BCC:20181011224221j:plain

f:id:BCC:20181011224233j:plain

操作方法は以下の通り

WASD:移動

マウス:視点操作

マウス右クリック:ズーム

ESCキー後にEnter:ゲームを終了

Yahoo!ジオシティーズ閉鎖

info-geocities.yahoo.co.jp

まあ、自分のサイトも全然更新してなかったからなぁ。他の人と一緒で黒歴史化してるし、それに今時HTMLでチマチマとサイト更新したくないし、仮にMod作ってもSteamアクテビティとblogの方で告知して載せるようにしてるしな。

The World

上げていたMod類は一部を除いて、ほぼそのまま放置してサービス終了した時点で消えると思うので、何か欲しいって人は今のうちにバックアップを取っておいたほうがいいです。自分が作ったModについては再配布とかは別に自由にしておくので、自分が上げ直さなかったら誰でも改変するなりそのまま上げるなりしてもいいです。

Steam版「LET IT DIE」、おま国だけどダウンロード&プレイ可能、日本語音声&字幕あり

f:id:BCC:20180928005112j:plain

敵を倒して装備を入手し、塔を登っていくローグライク系アクションゲーム「LET IT DIE」

Steam版が9月26日に配信され、日本では発売前まではストアページが表示されていたものの現時点では何故かゲーム本体のストアページがおま国、DLC類だけストアページが表示されていた(現在はDLCもおま国化)になってしまっているが、Steamで配信されているF2Pタイトル共通のWebブラウザでインストールURLを直接指定してダウンロードする方法を利用すれば、日本IP&日本アカウントでも問題なくダウンロードとプレイが可能となっている。

Steamクライアントを立ち上げた状態で、PCのWebブラウザのURLに

steam://install/794600

と入れるか、上記のリンクをクリックして「Steam Client Booster を開く」のボタンを押せばダウンロードが開始される。

確認してみた限り、日本語音声と字幕の両方に対応している。

f:id:BCC:20180928004735j:plain

f:id:BCC:20180928004836j:plain

f:id:BCC:20180928004830j:plain

PC版の動作は非常に軽い印象。

Core i5 4670K、メモリ16GB、GeForce GTX 1070、Windows 10の環境で4K解像度の最高設定にして遊んでみたが、常時60fps以上を保ったまま動かすことができた。

f:id:BCC:20180928004725j:plain

 

完全日本語対応で日本からでもダウンロード方法があるとはいえ、多少なりとも回りくどい方法ではあるし、せっかく日本語対応しているのにもったいないと思うのでストアページを日本からも見れるようにして正式にゲーム本編を配信してほしいところ。


 

Steam版Newガンダムブレイカーはコントローラに対応・・・している

Steam版はPS4版と同時期に発売予定だったものの、突如延期が告知され、更には先行して発売されたPS4版も残念な評判となっていた「Newガンダムブレイカー

夏ごろ発売予定というアナウンスはあったものの、明確な日時が分からないままとなっていたが、先週になって9月25日配信というアナウンスがなされ、そして今日遂に待望(?)のSteam版リリースを迎えることとなった。

販売価格は定価8,208円、発売から期間限定セールとか一切ありません。皆さん知っているとは思いますが、PS4版は1,000円以下でワゴンセールしている所があります。

前評判も価格も散々な状況に続き、Steam版発売後もTwitterでコントローラ非対応だとかいうこれ以上ないネガティブな情報が流れているが、あまりにも気になったので購入する予定も無かったのに購入して自分の目で確かめてみた。

結果は・・・

f:id:BCC:20180925200548j:plain

f:id:BCC:20180925200046j:plain

f:id:BCC:20180925200054j:plain

特に設定することもなく、起動しただけで普通にXbox Oneコントローラで遊べるし表記もボタンになってるね、うん。いや、流石にバンナムとはいえコンソール移植・UE4使用とかいう代物で逆に非対応とかいう方がおかしいだろ。

念のため、PS4コントローラ(HORIPAD FPS+)でも動かせるか試してみたけど、Steam BigPictureの設定画面で「PlayStation 設定サポート」にチェックを入れて、検出されたコントローラでボタン配置設定さえ行っていれば問題なく動かせることも確認。ボタン表記はXboxコントローラ基準だし、決定ボタンがXboxコンで言うAボタンの場所だからバツボタンで決定するのがどうもPSコン持っていると戸惑うので、結局慣れているXbox Oneコンで遊ぶことにするけど。

f:id:BCC:20180925200622p:plainf:id:BCC:20180925200632p:plain

 

なお、マウス&キーボードでの操作はネガキャンやおま環でなくて、本当に最悪です。パーツの取り外しが何故かWASDから遠い矢印キーの方にあったり、EXスキルが1~8キーにそれぞれマップされていて、移動中に手を放すことになるので混乱する。設定から「PC」のタブ開いてキーボード側のキーコンフィグが行えるけど、どう配置してもしっくりこない。ロックオン式なのにターゲット切り替えがマウス移動というのも謎。元々コンソールゲームで、おそらく開発途中でPC版も出すことになったとかそんなもんだと思うから、コントローラ使いましょう。

 

 

もう一つ気になる、PC版の最適化は問題ない様子。

Core i5 4670K、メモリ16GB、GeForce GTX 1070、Windows 10のPC環境で最高設定時に1080p解像度だと110-130fps、4K解像度だと55fpsくらいはでてくれる。

f:id:BCC:20180925201611j:plain

 

 

でも、コントローラ使えたり高フレームレートで遊べるからといって、Newガンダムブレイカーが良作になったわけではないよ。ゲームとしてはPS4版と全然変わらない。つまり・・・

タカハシ「ドコニテンジシテマスカー?」

東京ゲームショーに毎年来てみて、いっつも疑問に思うことがある。

ベセスダ・ソフトワークスの広告が幕張メッセの外でデカデカと掲示されているのに、会場内のどこに展示しているのか全く分からないのである。

ホント、どこ!?会場マップ見てもベゼスダって記載されているブース名が無い!

f:id:BCC:20180923103400j:plain

RAGE 2の幕しか撮ってないけど、この手前にもElder ScrollsやFallout 76の幕もあって会場ジャック状態なのだ。でも、中でそれらしき展示物なんてない。

ああ、タカハシさんがラーメン屋で儲けた利益をブース設置ではなく全額を幕に費やすドン判金ドブ投資術をいつものように見せつけているのか、と垂れ幕を見ながらしみじみとしていたら、左下に小っちゃく「Hall 6-S01」という記載が書かれていることに気づく。会場マップをもう一度確認してみると、どうやらスクエニブースで展示しているようである。

他に行く予定のブースも多く、予定にないスクエニブースまで足を運ぶのは限られた時間内では難しく直に見たわけではないが、流石にブースを間借りしているとはいえ、ここまで大きな広告を掲げているならさぞやブースの展示物も驚くようなものなのだろう。・・・と思って、実際に行った人の感想を探してみたら「映像流しているだけだし、コーナー自体ないし騙された」という書き込みを見つける。ああ、やっぱりタカハシさんだったか。