HumbleストアでSteam版「Brutal Legend」が期間限定で無料配布

Killer is Deadに続き、今度はSteam版「Brutal Legend」がHmbleストアにおいて期間限定で無料配布されている。配布期間は日本時間11月23日午前3時まで。ただし、公式日本語化はされていないので注意。

Humble Store - Brutal Legend

ストアページを開き、Humbleアカウントにログインした状態で「Add to cart」「Checkout!」「Get it for free!」とボタンを押していけば、アカウントに登録したメールアドレスにSteam登録のキーが表示されるページのURLリンクが届くようになっている。

 

ギタリスト・・・ではなくローディー(バンドの裏方仕事)として働く主人公エディ・ロッグスとなり、ヘヴィメタルで構築された世界でデーモンから人々を開放していくという内容で、斧による近接攻撃やギターを演奏して魔法を唱えたり、仲間を引き連れて戦うRTS風の戦闘システムが用意されているのが特徴のオープンワールドアクションアドベンチャーゲームとなっている。

 

humbleストアで「Killer is Dead - Nightmare Edition」が期間限定で無料配布、日本語音声・字幕とも両対応

f:id:BCC:20171117103602p:plain

Humble Bundle ストアにおいてSteam版「Killer is Dead - Nightmare Edition」が日本時間2017年11月19日午前三時までの期間限定で無料配布が実施されている。

入手方法はHumbleストアのKiller is Dead - Nightmare Editionのストアページを開き、Humbleアカウントにログインした状態で「Add to cart」「Checkout!」「Get it for free!」とボタンを押していけば、アカウントに登録したメールアドレスにSteam登録のキーが表示されるページのURLリンクが届くようになっている。

須田剛一率いるグラスホッパー・マニファクチュアが手掛けたアクションゲームで、隠密国家機関・「処刑事務所」の新人処刑人、モンド・ザッパとなり右手の日本刀と左腕義手に備えた兵器を利用してターゲットの処刑を遂行していくという内容。PS3 / Xbox 360からの移植作で、Nightmare Editionと銘打ったPC版では高難易度モード・シアターモードといった新モードの他、DLCで配信されていたミッションも最初から収録された状態となっている。

日本語音声、字幕とも両対応となっていて、ゲーム内のメインメニューから「LANGUAGE」を選択して「VOICES」「SUBTITLE LANGUAGE」をそれぞれ「JAPANESE」に変更すれば日本語で遊ぶことができる。

PC版はコンソール版よりも解像度こそ向上しているものの、フレームレート上限がデフォルトだと30fps固定と変更されていないので、60/120fpsで遊びたい場合はiniファイルを書き換える必要がある。

※参考

steamcommunity.com

bcc.hatenablog.com

Steam版「VA-11 Hall-A」がPS Vita版発売に合わせて日本語化

store.steampowered.com

publishing.playism.jp

207X年の未来都市グリッチシティを舞台に、プレイヤーはバーテンダー「ジル」としてバーにやってくる客の注文に合ったカクテルを提供しつつ世間話などをしていくアドベンチャーゲーム「VA-11 Hall-A」が、日本でのPS Vitaパッケージ版発売に合わせてSteam版にも日本語版となるアップデートが配信された。

価格はアップデート前と同じく1,500円で、既に英語版を持っている人でも無償アップデートとなっており、起動時の言語選択で「日本語」を選択するだけで日本語で遊べるようになっている。

f:id:BCC:20171117004735j:plain

f:id:BCC:20171117004750j:plain

f:id:BCC:20171117004804j:plain

Xbox One Xの日本初週販売台数は1,344台

www.4gamer.net

Xbox Oneの上位機種にあたる11月7日に発売された「Xbox One X」。自分の予想では日本では1,000台くらいかなと予想していたけど、それをちょっと上回って初週販売台数1,344台の売上とのこと。

3年以上も日本で売ってきて合算販売台数が驚異の8万台、地方のゲオ・ツタヤ・ワンダーグーだともう棚が完全撤去されているプラットフォームだし、今度出るXbox One版PUBGが仮に日本でのPC版販売本数と同等の30万本売れたところで焼石に水(8万台が38万台になったところで初代XboxメガCDと同等)、通常版にあたるXbox One Sですら数百台の週売上という製造終了しているはずのPS3Wii Uとの売上争いになっていてなんでこれ日本で発売してんの?って素朴な疑問に感じるハードが、4桁の売上をたたき出したことに驚くばかりであろう。

 

あとXbox One Xをヤマダ電機が実店舗で取り扱わないことに腹を立ててヤマダに逆恨みしている人がいて、ヤマダで買い物する気にならないとはいえいちゃもん付けられているのはなんか気の毒になり、「Xboxユーザーがヤマダでゲーム買わないからだろ」と素直に言いたいことも言えないこんな世の中じゃ!ポイズン!ってことで、Xbox Liveのメッセージ経由でいきなり日本で売れないとは言わずに「日本で何台売れると思いますか?」とまずは質問から始めてみたら、「世界では1000万台。PS4 Proよりも予約が上回っている。日本では50万台」との答えが返ってくる。

「1000万台じゃPS4との売上差は埋められませんね」「50万台ではヤマダは取り扱いませんね」「和ゲーが出ないことには日本では売れません」って誰しもが率直に思うであろうことを返答して、何故ヤマダがXbox Oneを取り扱わないのかってことに気づかせようかと思ったら、なんか知らないけどネガキャンされたと拡大解釈して今度は自分に逆恨みされて、Twitter上でチャットのスクリーンショットを晒して仲間に助けを求めていた。俺「50万台も売れるわけないだろ」とか一言も言わず50万台売れるとの前提で話したつもりなんだけどなぁ・・・最初にPS4との売上比較し始めたのは向こうだし、なんでネガキャン発言だと思われたんだろう。

XboxプロフィールのアイコンをSteamロゴにしていたり、名前設定を「Issac Clarke」とかにしてたのに、なんか知らんけど晒し本人や取り巻きにPSファンボーイ認定されて、「どうせ和ゲー=アニメ絵のゲームが好きなんでしょ」って陰口叩かれたし、ゲハ丸出しすぎる。

晒されたこと自体は特に気にしてないけど、ヤマダ関係の脅しツイートと晒しツイートを全て消して、自分のゲーマータグ名しか載っていないその時のスクリーンショットだけが出回っていて、自分が「日本で50万台売れる」って発言したと勘違いされそうである。「bcc2528 Xbox One 50万台」とかでググってここにきてる人がいたら書いとくけど、俺は50万台売れるって一言も書いてないから。

「6666」や「2333」といった中国ネットスラング

SteamコミュニティでPUBG(ドン勝)のスクリーンショットを上げていると、中国人比率が高いゲームだけあって中国人と思われる人からコメントが多く書き込まれるけど、

f:id:BCC:20171114114113p:plain

「6666」と「2333」というよくわからない数列が書き込まれることがある。

2333はともかく、666は悪魔の数字!?まさか、日本人は鬼だ!とでも言いたいのかと思ったら、

www.buru3.com

どうやら「6666」は「いいね」で、「2333」は日本のネットスラングで言うところの「www」らしい。

f:id:BCC:20171114114243j:plain

Steamコミュニティで規約違反報告をしていると送られてくるメール

自分のSteamコミュニティに公開しているコンテンツに余計なコメント残していくtrollや業者、マルチプレイで時折遭遇するチーターの面々は、そういう性格や態度だからかわからないが高確率でSteamに公開しているコンテンツに差別的な表現が含まれていたりSteam規約に反していそうなものを上げている確率が極めて高かったりする。

そういう面々には報復の意味合いも合わせて規約違反ということで報告して回っているんだけど、早い場合には報告してから次の日には削除されたりするのだが、アクティブユーザー数6000~7000万人・同時接続でも1300~1500万人を抱えるSteamコミュニティを管理しているのがValve社員数百人とコミュニティモデレーター数十人という数に合ってない人数でしか対応しておらず、忘れたころになってようやく対応されることがある。

f:id:BCC:20171112154304p:plain

違反報告でコンテンツが削除されると、通報した人に「Steamにある不適切なコンテンツを報告していただきありがとうございます」という題のメールが届くのだが、「○○件のコンテンツをSteamコミュニティから削除しました」と表記されるだけで、どれが消されたかは正確には分からない。昨日報告したものならすぐ思い出せるが、何週間も報告していなかったのに思い当たる節がなかなか出てこない。複数人のアカウント毎の違反コンテンツを複数件報告していてもまとめて削除通知が送られてくるし、あいつのかなと確認しにいってもまだ残っていたりする。

まあ、BAN対象のコンテンツがレビューだと「規約に反していると判断されました」と表記されて相手のレビュー一覧から確認できるものの、スクリーンショット・作品・ムービーだと上げた本人以外はコミュニティから見えない状態になるので何がダメだったかBANされた後では本人以外確認しようがないので仕方ないのかもしれないが、報告していてもコミュニティ規約違反とは判断されずにBANされない表現とBAN対象となる表現の差がこれでは目で確認することができない。

Xbox One Xの品薄で転売屋が儲かる

11月7日に定価49,980円(税抜き)で発売されたXbox Oneの上位モデル版「Xbox One X」

従来機の4倍以上の性能で、対応ソフトなら高画質化・高フレームレート化、正式対応していないものでもフレームレートの安定化やロード時間の短縮が望め、それにもかかわらず本体サイズは電源も内蔵しながら大きくならず、静穏性も良好ということでファンの間では騒がれているが、いかんせん日本ではあまりにも人気が無さ過ぎて取扱いしているショップもほぼ無く在庫数自体殆ど確保できていない状況で人気困難となっている。自分の地元にある千葉・茨城のゲオ・ツタヤ・ワンダーグーを見て回ったが、Xbox One XどころかXboxコーナー自体が既に存在しない状況なので、店先で買おうにも不可能である。

そんな時こそネット通販・・・と言いたいところなのだが、信じられないことに需要がないと思われたXbox One Xもまた転売屋の餌食になってしまっている。

ニンテンドースイッチやミニ(スーパー)ファミコンで調子に乗ったゲームに詳しくない転売屋が他のゲーム機にも手を出して自滅しようとしている、コア層向けの商品だからまさか転売屋から買う人はいないだろ、と多くの人がお思いだろう。だが実際は・・・

f:id:BCC:20171108223313p:plain

Yahoo!オークションの相場だと限定版のProject Scorpio Editionなら約9万円、通常版でも7万円になっている。任天堂ハードで転売していた時よりも一台あたりの儲けがむしろ高いという状態。転売する奴ももちろん酷いが、この価格で買うから儲かると判断されて余計に数少ない在庫を確保されて更に品薄と転売が加速していくという。これを買っている奴も同罪である。

しかしいくらXbox OneXbox 360互換対応のゲームが快適になるからって、7~9万も出すか?人それぞれの価値があるとはいえ、GeForce GTX 1080の単体買ってもお釣りがくる価格だし、もう少し出すだけでそれなりの性能のゲーミングPCがフルセットで買えてしまう。