Steam版イースVIII

store.steampowered.com

去年9月に発売するはずがPC版特有の最適化問題や先に発売された海外PS4版のローカライズ品質の低さから急遽販売が延期され、その後も一向に発売する気配が無いまま7か月を過ぎようとした今年4月、突如配信が決定し4月17日から発売が開始されたSteam版イースVIII。

ここまで延期しているにも関わらず何故か発売することへのアナウンスが消極的に感じられたり、今年1月にプログラムのコアな部分から修正する必要があると説明していたのにそれからわずか3か月足らずで発売と、急に販売を開始するので何かおかしいとは思ったら、案の定PC版の最適化はうまくいっておらず、フリーズやフレームレートの不安定さなどの技術的な問題が数多くSteamレビューで報告され、レビューやSteamフォーラムは大荒れとなってしまっている。

f:id:BCC:20180418022606p:plain

とはいえ自分の環境(Core i5 4670K、メモリ16GB、GeForce GTX 1070、WIndows 10、Xbox Oneコントローラ使用)では報告されている音割れやフレームレートのカクツキは発生しておらず、プロローグ中もフリーズといった問題は起きなかった(ただし島上陸後の会話シーンで一度だけ発生)。

f:id:BCC:20180418022224j:plain

f:id:BCC:20180418022259j:plain

f:id:BCC:20180418022337j:plain

ただし内部解像度が720p固定のよう4K解像度設定にしてもスクリーンショットを見るとジャギーがかなり目立つ。画質面でPC版特有の優位性は今のところ一切ない

発売直後はV-Syncが有効にならないという問題が発生していてちょっとカメラを動かすたびにティアリングが発生して見れたものじゃなかったが、発売初日に早速配信されたパッチで解決し、画面が途切れることなく滑らかに動かせるようになった。散々延期したんだからこの程度の問題は最初から発生しない状態で発売するのが当たり前なんじゃ?っていうツッコミはアリだ。

ボタン表記に関しても手抜き感があり、ゲーム中やメニューではXboxボタン表記なのにヒント画面ではPSボタン表記のままというチグハグさが目立つ。1枚画像をそのまま表示しているにしか過ぎないから仕方ないにしてもどうにかならなかったのか。

f:id:BCC:20180418022743j:plain

 

強いて評価できる点はもちろん日本語完全対応という点。今まで配信されてきたSteam版イースシリーズでは初となる字幕のみならず音声も日本語で収録されており、英語字幕/音声とも自由に切り替えが可能となっている。

f:id:BCC:20180418023130j:plain

ここだけは本当に評価できる点(これもまた和ゲーなんだから対応しているのが当たり前だろって突っ込まれたらおしまいだけど)だし、これで日本でのPC版イースシリーズ売上が持ち直してくれたらよかったのだが、最適化不足が完全に水を差す形になってしまっている。

Steam版FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION、発売1カ月足らずで33%オフセール

「・・・オレな」
「覚悟して定価買いしたんだよ」
「けど」
「なんか こうして」
「1カ月足らずでセールになってるの見たら」
「悪い やっぱ辛えわ」

f:id:BCC:20180413174633p:plain

「しんど」

Xbox 360独占タイトルだった「バレットウィッチ」のSteam版が4月26日発売予定

store.steampowered.com

2006年に発売されたキャビア(現在は解散しマーベラスAQLに吸収)開発のXbox 360専用TPSゲーム「バレットウィッチ」のSteamストアページが開設されている。発売予定は4月26日となっており、無料で配信されていたDLC類もすべて収録済み、ストア情報を見る限り日本語にも対応しているようだが字幕のみの対応で音声は英語しか収録されていない。

巨大地震や飢餓の発生、更には武装した悪魔軍団によって人類が危機的状況になっている中、魔女と呼ばれる主人公「アリシア」が銃「ガンロッド」と魔法を駆使して悪魔との闘いを繰り広げていくというストーリー。当時から銃撃戦のぎこちなさや理不尽な即死バランスからTPSゲームとしてはあまり評価されていなかったようだが、美しき主人公アリシア(のパンツ)やその独特の世界観に魅了された人は多い作品。

ストア紹介文を読むと、PC版は4K解像度や無制限フレームレートの対応といったPCならではのグラフィックを堪能できるようになった他、ゲームバランスの調整といった要素も入るようだが、スナイパーにヘッドショット食らって一瞬で即死どころか自分で吹き飛ばした残骸に当たって即死するとかいう理不尽極まりない即死の数々は果たしてどうなることか。

www.youtube.com

サウンドノベルシリーズ「 428 〜封鎖された渋谷で〜」のSteam版が2018年リリース予定

store.steampowered.com

スパイクチュンソフトサウンドノベルシリーズの一つ「428 〜封鎖された渋谷で〜」のSteamストアページが開設されている。現時点では、予約などは行われておらず価格や正確な発売日は不明だが、今年夏ごろの発売予定となっている。海外では既に英語Steam版の発売がアナウンスされていたもののストアページが日本からおま国の状態となっていて閲覧できなかったが、日本リージョン専用に日本語のみを収録した独立したバージョンが発売する形となった。

渋谷が舞台、実写取り込みの背景と出演者、複数の主人公と、同じサウンドノベルシリーズの「街 ~運命の交差点~」と共通点はあるものの、続編ではなく独立したストーリーとなっている。

PUBG 新マップ「Codename: Savage」のキーが公式配布開始

※更新:4日20時現在配布再開

100人が限られたエリア内でバトルロワイヤルを繰り広げる人気TPS「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(以下PUBG)に追加予定の新マップ「Codename: Savage」のテスト版プレイ用のキーが公式サイトで配布されている。

mapbeta.playbattlegrounds.com上記のリンク先から「AUTHENTICATE WITH STEAM」ボタンを押して、製品版PUBGを所有済みのSteamアカウントを通してログインするとSteamキーが表示される。このキーをSteamアカウントに登録すると「PUBG: Closed Experimental Server」という独立したクライアントが追加され、4/3(火)11時から4/5(木)20時までの期間に1回目のテストが実施予定となる。

新マップは既存のマップ(8km×8km)とは違い4km×4kmと面積の狭くなった島が舞台となっており、従来よりも混戦が予想されそうなマップ。

Steam版「ソード・アート・オンライン フェイタルバレット」の予約特典、「ソードアート・オンライン Re:-ホロウ・フラグメント」がアンロック。日本語対応

store.steampowered.com

Steam版は2月24日に発売された「ソード・アート・オンライン フェイタルバレット」(以下SAO:FB)の予約特典としてアナウンスされていたSteam版「ソードアート・オンライン Re:-ホロウ・フラグメント」(以下SAO:HG)が予定よりも約一週間程度遅れてアンロックされプレイ可能となった。

現時点ではSteamストアページなどは存在せず、SAO:FB予約購入者以外は個別に入手できない状態になっているが、今回アンロックされたSAO:HGはSAO:FB同様に日本語版としてリリースされており音声・字幕共に日本語でプレイすることが可能となっている。

f:id:BCC:20180401023244j:plain

f:id:BCC:20180401023300j:plain

f:id:BCC:20180401023326j:plain

砂嵐に飲まれたドバイを舞台にした怪作TPS「Spec Ops: The Line」が2日限定で無料配布、日本語対応

www.humblebundle.com

Humbleストアにおいて、砂嵐に飲まれたドバイを舞台にした怪作TPS「Spec Ops: The Line」が2日限定(日本時間4月1日午前2時)で無料配布が実施されている。Steamキーでの配布となっておりキーが無くなり次第でも早期に配布終了する可能性があるので注意。

日本語字幕にも対応しており、規制についてもPC版はコンソール(PS3/Xbox 360)版と違いヘッドショットやグレネードでの爆殺時に欠損表現が入るなど無修正のままとなっている。

類を見ない砂嵐が発生し砂漠の孤島と化したドバイを舞台に、救助に向かったアメリカ軍第33部隊が失踪し、それから半年後ウォーカー大尉率いるデルタフォース部隊が偵察へと向かうというストーリー。

単純にTPSとしてみると砂嵐やグレネードによって巻き上がる砂埃による視界不良といった要素はあるものの、その点を除くと至ってありきたりなTPSでゲーム部分は厳しいが、プレイヤーのモラルを問われる展開や救いようの無さ過ぎるストーリーが強く印象に残り続けるゲームとなっている。