Steam版イース8 発売1か月にしてようやく内部解像度設定オプションが追加される。

store.steampowered.com

イースシリーズ最新作、更にSteamで発売されているイースシリーズでは日本語音声も完備ということで注目を集めていたものの、度重なる延期、発売後も最適化不足で不評レビューを集めていたSteam版「イースVIII -Lacrimosa of DANA-」

発売初日からアップデートが何度も繰り返し配信され、特にレビューで多数指摘されていた一部シーンでのフレームレートの低下、ランダムなクラッシュは大分軽減され、垂直同期が有効にならなかったりアナログスティックで移動速度を調整できないといった問題が徐々に解決されていったが、発売から約1か月経った今日のアップデートによって遂に内部解像度が変更可能となり、PS4版以上の高解像度表示によってPCならではの高画質な画面で遊ぶことが可能となった。

f:id:BCC:20180519005649j:plain

内部解像度の変更方法はオプションから「画面」タブ内にある「レンダリング」の項目で軽量・通常・高解像度・超高解像度の4段階から選択が可能となっている。設定を切り替えた後はゲーム自体を再起動する必要がある。おそらくそれぞれ540p・720p・1080p・4K相当の解像度に変更されると思うが、確かに超高解像度設定で画面解像度を4K設定にした際に初期バージョンとは違い画面がボケたような印象は無くなった。ただし輪郭がザラザラしたような画質の独特のアンチエイリアスや、被写界深度がかかっているシーンが多いのと、UIの解像度には変更がないようなので差異が分かりにくい。

発売初日は「ほぼ不評」と荒れ放題だったストアレビューも「賛否両論」レベルまでようやく持ち直したとはいえ、最初からあと2~3か月延期して今日までのアップデートレベルにまで仕上げたうえで発売さえできていれば、どれだけよかったことか・・・。

f:id:BCC:20180519005749j:plain

f:id:BCC:20180519005759j:plain