読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GPD WIN ゲームパッドファームウェア V21

http://boards.dingoonity.org/gpd-windows-devices/updated-version-of-gpd-win-gamepad-manual-(v21)/

GPD WINのゲームパッド部分のファームウェア バージョンV21

https://mega.nz/#!0JwlwTaa!z3mH2Lg6ZQ-MxJ8biJ5SbYFVMmC54hzqAkzSAgsNlg8

このリンク先のrarファイル内にある「HJM1954M Updater V21 20161226.exe」をGPD WIN上かMicroSDカード内に保存しておき(この時点ではまだ実行しない)一旦GPD WINの電源を切る。再びGPD WINの電源を入れる際に、キーボード側のR3ボタンをGPDのマークが出てくるまで押し続ける。マウスやパッドが反応しなくなるので外付けマウスを指しておいた方がいい。Windowsが立ち上がったら「HJM1954M Updater V21 20161226.exe」を実行しUpdate Firmwareボタンを押す。成功すればすぐに内蔵マウスが動かせるようになる。 

V21ではキーレスポンスが改善されたとのことで試してみたが、確かに十字キーの操作が段違いになり、上下左右に一回一回押されるような感じだったのが格ゲーで必殺技コマンドを入力しても問題なく受け付けてくれるまで改善されている。

また気のせいか、V19で改善されていたマウスの加速機能だけど、21だと初速がV19に比べて気のせいか若干早くなったようで、加速がついたのは良いけどスティックを動かし始めた時にモタつくという感覚がなくなった。LRボタンが物理的にグラついているとか、ボタンが小さいとかいうのを除けば操作性周りのGPD WINに対する不満はほぼ解消されたかな。ほんと、こういう風にアップデートや各自の改良で不満が改善されるのは、懐かしきデジタルガジェットを思い出させてくれる。