読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Steam版ベヨネッタがリリース開始、Wii U版で追加された日本語音声まで収録した完全日本語版

f:id:BCC:20170412233506j:plain

store.steampowered.com

プラチナゲームズ公式サイトの404ページで遊べたミニゲーム「8-Bit ベヨネッタ」が突然Steamで配信(現在配信終了)されたり、その実績アイコンを並べて見えるURL先で謎のカウントダウンサイトが開設されていたりして、Steam版ベヨネッタか?と噂されていたが、案の定Steamでベヨネッタがリリース。

セガがパブリッシャーを務めているタイトルなのでどうせおま国だろ、という予想に反しておま国でもおま値でもおま語でもなく、価格は2190円と米国価格と19.99ドルと比べても大差なく、言語対応はなんと日本語字幕だけでなくWiiU版移植時に追加された日本語音声まで収録されている完全日本語版となっている。

また4月26日までに購入すると、サントラ・デジタルアートブック・壁紙・アバターが付属するデジタルデラックス版のおまけが付いてくる。

 

f:id:BCC:20170412233604j:plain

f:id:BCC:20170412233633j:plain

f:id:BCC:20170412233700j:plain

f:id:BCC:20170412233800j:plain

f:id:BCC:20170412233824j:plain

PC版のグラフィックは4K解像度に対応しており、元がXbox 360PS3といった旧世代機向けのゲームだったというのもあって相当に軽い。Core i5 4670K・メモリ16GB・GeForce GTX 1070・Windows 10の環境で4K解像度アンチエイリアス4x・最高設定で遊んでみたけど、ボス戦で一瞬フレームレートが低下する箇所以外は完全に60fpsをキープしておりスムーズに動く。コンボ練習が行えていたロード画面も、PC版では1秒もしないうちに終了してしまう。

30fps以下のシーンが目立つPS3版はともかく、Xbox 360(Xbox Oneの互換機能も同じく)やWii U版でも60fpsを常時キープというわけでなく50fps以下になるシーンもあって、画質も720pでジャギーが目立っていたが、PC版は60fpsを完全に保ったまま滑らかな画像で遊ぶことができる。

www.youtube.com

Xbox One互換機能、Xbox 360Wii U、おまけでPS3のフレームレート比較

 

ただ自分の環境が悪いのかそれともこういう仕様なのかは不明だが、アンチエイリアスがムービーシーンにしか適用されないようでゲーム中はアンチエイリアスが有効にならない模様。まあDSRを使用して4K解像度で遊んでいるので実質1080pでSSAA4xがかかっているような状態だし、Xbox Oneで互換機能を使用して遊んだベヨネッタよりも圧倒的に快適。

 

GPD WINでWindows 10 Creators Update適用

自動更新では4月11日から配信が予定されているWindows 10の最新アップデート「Creators Update」だけど、既に更新アシスタントプログラムやISOファイルで正式版が配布されており手動でインストールすることが可能となっている。

Windows 10のダウンロード

f:id:BCC:20170407003559p:plain

テスト用としてメインPCよりもひと足先に5.5インチのミニノートPC「GPD WIN」で更新アシスタントプログラムを使用してアップデートを適用してみたけど、無線LANの5GH帯の設定ファイルを再インストールしなくてはいけないのと、画面設定が初期化される以外は特に大きな問題も発生せず導入することができました。

f:id:BCC:20170407003627p:plain


Wi-Fi設定ファイルはここからダウンロードしてきて、中に入っているWIFI.batを右クリックして管理者権限で実行して再起動すれば完了。
画面設定が初期化されるせいで画面の向きが縦向きになる場合も、スタートメニューから「設定」(歯車のマーク)→「システム」→「ディスプレイ」で回転ロックをオンにして向きを横にすれば解決できる。

 

インストール後、アップデートファイルのせいでシステムドライブの空き容量が10GB以上減るので、エキスプローラでシステムドライブを右クリックして「プロパティ」を開き、ディスクリーンアップを実行し「システムファイルのクリーンアップ」で全ファイルを削除するのを忘れずに。

 

ついでにGPD WINのIntel Atom Z8700に適用可能なIntel HD Graphics ドライバの3月30日付の最新版がリリースされていたので適応しておいた。

downloadcenter.intel.com

Steam版スカルガールズに日本語音声が追加、キャラ毎に切り替え可能

steamcommunity.com

ムチムチな女の子(一部野郎)達が闘う格闘ゲームスカルガールズ」のSteam版において、バグ修正やバランス調整の他に日本語音声が追加されるアップデートが配信された。

日本語音声は日本版とは発売元が違うということでSteam版などにはこないという話だったように記憶しているけど、契約変更などがあったのだろうか。

ゲーム本体だけでも戦闘中の音声は英語/日本語に切り替え可能、ストーリーモードのイベントシーンはDLC「2nd Encore Upgrade DLC」を導入することで切り替えることができる。切り替えは細かく設定できシステムボイス、ストーリーモードでの英語/日本語だけでなくキャラ毎にも音声を切り替えることができるので、一部キャラのみ英語のままにしておくといったことも可能。

f:id:BCC:20170403140435j:plainf:id:BCC:20170403140440j:plain

 

Codemasters公式ストアで「Overlord」が無料配布中、Steam登録

store.codemasters.com

Codemasters公式ストアにおいて魔王版ピクミンのというようなゲーム「Overlord」のSteamキーが無料で配布されている。配布期間などは不明だが欲しい人は今のうちに入手しよう。

取得にはストアページアカウントが必要で、まだ作成していない人はサイト上のメニュー「Create account」より「NEW CUSTOMER」で必要事項を記入するかFacebook経由でログインし、Overlordストアページの「$0.00|ADD TO CART」ボタンを押してCHECK OUTすれば確認のメールが送られてくる(自分が試した際は数時間かかった)。
キーを確認する際はアカウントページを開いて「YOUR ORDERS」タブ内の「Download Page」を表示すれば確認できる。

 

騎士道アクション「Chivalry: Medieval Warfare」Steam版が1日限定で無料。アカウントに追加すれば半永久に所持

store.steampowered.com

銃器や爆発物ではなく、剣・斧・弓などの武器で白兵戦を戦うこととなる中世を舞台にした主観視点のマルチプレイヤーアクション「Chivalry: Medieval Warfare」がSteamにおいて一日限定で無料配信されている。Steamにログインしている状態でSteamストアページの「ゲームをインストール」ボタンを押せば、アカウントにゲームが追加され半永久的に所持している状態になる。

Chivalry」所有者向けに「Killing Floor 2」用のプレイキャラクター「Tom Banner」もアンロックされるはずなので、KF2プレイヤーも今のうちに入手しておこう。

 

また併せて同じ開発元で白兵戦に魔法要素を追加した新作「Mirage: Arcane Warfare」の予約も開始されており、無料配布分も合わせてChivalry所有者は10%オフの割引が適用されるとのことだけど、自分の副アカウントで取得した無料配布分のChivalryでは適用されず定価表記のままとなっている。

Steam版Deus Ex: Mankind Dividedに日本語ランゲージDLCが登場、お値段は・・・

store.steampowered.com

PS4/Xbox One デウスエクス マンカインド・ディバイデッド日本語版発売に合わせて、Steamの方でも英語版Deus Ex: Mankind Dividedが日本語化される日本語ランゲージDLCが配信された。

価格はスクエア・エニックスタイトルということで2,980え・・・ではなくLife is Strangeの時と同じく無料で入手可能で、しかも字幕だけでなく音声も含めて完全日本語化(英語音声日本語字幕も可能)される。やっぱり社長が変わると企業体質も変わるんでしょうか。

ダウンロードして起動しても英語版のままという人は「Option」→「Language」を開いて両方とも「Japanese」にした後、設定画面を閉じればメニューが日本語化されるはず。

f:id:BCC:20170323215346j:plain

f:id:BCC:20170323215402j:plain

f:id:BCC:20170323215422j:plain

f:id:BCC:20170323215437j:plain

Steam版ニーア:オートマタ、ABCDEエンディングクリア

f:id:BCC:20170323104951j:plain

プレイ約28時間でストーリーに直接かかわるABCDEエンディングに達成。Dエンド見た後にEエンドが発生する選択肢をキャンセルして一旦セーブ、再度挑戦したときに一回だけ強制終了したくらいで他のシーンでフリーズや強制終了といったバグも発生せずスムーズに進むことができた。

プラチナゲームズ製のゲームは何作もやってきたけど、どれもプレイ中にマンネリ感が出てきてしまったりイライラするような箇所やボス戦が用意されていてクリアまでのモチベーションが保ちにくかったが、オートマタは回避アクションが楽で連打しているだけでも延々と攻撃を食らうことなくストレスフリーでサクサクと進み、空虚な舞台の雰囲気に魅了されプレイ中に何故戦い続けているのかプレイヤー自身が分からなくなってくるストーリー展開に引き込まれてゲームの止め時もわからず、一気に終わらせることができた。見えている廃墟の入り口に入れない、2周目の不必要さ、中途半端なシューティングパート、戦闘中に敵の姿が確認できなくなるカメラワークといった欠点ももちろん目につくものの、それを補って余りあるほどのゲームだった

Eエンドの最後の選択肢は全部「はい」を選んでしまうとセーブデータが消えるが、最後に「いいえ」を選択すればセーブを消すことなくEエンド達成済みのセーブが残るので誰も助けたくない人は躊躇なく「いいえ」を選択しよう。